待ってくれ。当ててみよう/「Let me guess.」の意味

Pocket

海外ドラマ「4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)」第1話より

4400人の行方不明になったけど生還した人たち(世間ではフォーティ・フォー・ハンドレッドと呼ばれています)は、とうとう収容所から出してもらえるようになりました。

収容所で仲良くなった白人女性のリリーと黒人男性のリチャードは、別れを惜しむように最後の会話をします。

リチャードがリリーに「君はこれからどこへ行くの?」といったん尋ねますが、自分の発言を遮るように次のように言います。

Wait. Let me guess.

「いやぁ、待ってくれ。当ててみよう」

このフレーズも日常生活で使えそうな表現ですね。

例えば、初対面で年齢を聞く時とかに。

「君はいくつなの?いやぁ、待ってくれ。当ててみよう」といった感じで!

「Let me 〜.」という表現は、当サイトでは今まで何度か出てきています。

Let me go.(死なせてくれ)
「LOST(ロスト)」第20話より

Just let me know where you get the fish.(ただ、魚がとれるところを教えて。)
「LOST(ロスト)」第13話より

Let me show you something.(いいもの見せてやる)
「LOST(ロスト)」第7話より

「僕(私)に〜させて」という時は、「Let me 〜.」ですね!

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月

シミやたるみのない美肌

ドライマウスと唾液量の測定テスト