いろんな仮説が浮かんでくる/bring up、possibilityの意味

Pocket

海外ドラマ「4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)」第2話より

4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)のメンバーが引き起こした謎の事件を分析班が調べていくと、奇妙な裏がある場合が多々ありました。

そして、国土安全保障省の科学者ダイアナは、次のように言います。

Brings up all kinds of possibilities.

「また、いろんな仮説が浮かんでくる」

日本語字幕では「別の仮説が浮かぶ」という日本語訳になっています。

「仮説」という言葉は、ビジネスや研究分野、捜査の現場ではよく使われる言葉ですね。

「まずは、仮説を立てて、検証していこう!」みたいな感じで。

和英辞書で「仮説」を調べると、「hypothesis」「supposition」「assumption」といった単語が出てきますが、ここでは「possibilities(可能性)」という言葉が使われています。

「様々な可能性」=「仮説」ということなんでしょう。とても、ナチュラルな表現の仕方だと思いますね。

「Bring」には「持ってくる」、「up」は「上へ」という意味がありますが、今回のフレーズを直訳すると、「あらゆる種類の可能性を上へ持ってくる」となります。

これでは、意味が通じませんが、「上へ持ってくる」という表現は、「浮かんでくる」というイメージにつながると思います。「浮かぶ」は、上へ向かうイメージです。

そして、「あらゆる種類の可能性」は、「いろんな仮説」ですね。

ある英語の先生が、「英語って結局、どれだけ想像力豊かにイメージを広げられるかなんだよ」と言っていましたが、僕もそう思います。

熟語の意味や辞書に載っている英単語の意味から、どれだけイメージを広げられるかが英語上達のカギのような気がしますね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)ならテレビだけでなくパソコンやスマホでも海外ドラマや映画が観放題です!通勤・通学時間にスマホで海外ドラマを観ながらリアルな英会話フレーズに触れることができますよ!
2012年12月

ファッション・和服でTポイントを貯める お得なTポイントが貯まる使えるTSUTAYA Tカードプラス

日曜日にお金を借りる方法