偶然かも/could be、coincidenceの意味

Pocket

海外ドラマ「4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)」第3話より

4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)の一人、オリバー・ノックスは行方不明になる前は、連続殺人容疑をかけられていた人物でした。

そして、オリバー・ノックスが生還してから、また連続殺人が起こりました。

国土安全保障省では、オリバー・ノックスが今回の事件に関連しているのか検証しています。

そこへ、国土安全保障省の科学者ダイアナが口をはさみます。

It could be a coincidence.

「偶然ということもあり得ます」

日本語字幕では「偶然かも」という日本語訳になっています。

日常生活でも、「それは偶然かもね」といったフレーズを使うことは多々ありそうですね。

オンライン英語辞典スペースアルクで「coincidence」の意味を調べてみましょう。

coincidence
(名詞)
1. (偶然の)一致、合致
[例]
It was a coincidence that the husband and wife were both twins.
夫婦がともに双子であったのは偶然の一致であった。

2. 同時発生(の事件)

「could be」という表現ですが、僕がオーストラリアに住んでいる時に、仲のよかったタイ人がよく使っていました。

最初は、「could beってどんな意味なんだろう?」と思いながら、理解しているふりして聞き流していたんです(笑)。

後に英語がネイティブ並にできる日本人の友達に聞いてみると、「『たぶんね』というニュアンスの意味だよ」と教えてもらいました。

それ以来、僕が「maybe」を使うのを引退して、よりネイティブっぽく見える「could be」を使い始めたことは言うまでもありません。。。(笑)

ちなみに、オンライン英語辞典スペースアルクでは、「could be」の意味は「そうかもね。/ひょっとしたら。/かもしれない。」となっています。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月