俺はビビってない/chokeの意味

Pocket

海外ドラマ「4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド) シーズン2」第2話より

4400(フォーティ・フォー・ハンドレッド)の一人、ゲイリーはメジャーリーガーのスカウトが6人も見に来るほどの野球の選手です。

そんなゲイリーには人が何を考えているのか分かる、つまり、他人の心の中の声が聞こえてしまうという能力があります。

控え室で緊張して待っている時も、同僚の心の声が聞こえてきます。

同僚が心の中で「スカウトが6人も来ているんだから、ビビるのもしょうがないよな」と言うと、ゲイリーは次のようにその同僚に言います。

I’m not gonna choke.

「俺はビビってない」

この表現は、日常生活で使えそうですね。

「ビビるなよっ!」とからかわれた時とかに。

オンライン英語辞書スペースアルクで「choke」の意味を調べてみましょう。

choke
(名詞)
1. 窒息、閉塞、細らせ、縮め
2. 《車》チョーク

(動詞)
1. 息が詰まる、窒息する
2. 〔飲食物・煙などで〕息が詰まるように感じる、むせる
3. (言葉が)詰まる、つかえる
4. 緊張で自滅する、くじける
5. 〜を絞殺する、窒息させる、〜の息の根を止める、〜を詰まらせる
6. 〜の成長を阻止する、成長を抑える、〜を細らせる

動詞の4番目の意味「緊張で自滅する、くじける」から「ビビる」という意味になるのでしょう。

そういえば、プロレスの技にチョークスリーパーという技がありますね。

「gonna」は「be going to」の短縮形ですね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)でテレビドラマ「鈴木先生」の全10話を1日で一気に観てしまいました^^;学校の先生って大変というかエロいことばかり考えているんですね(笑)各種賞をとっただけあって面白かったです。ドラマ一気見って一度やってみたかったんですよね〜^^月額980円で得した気分です!
2013年2月

証券会社

英語学習ブログ