Warm-Up Track 3ラウンドでウォームアップ

アルク1000時間ヒアリングマラソン »
↑このページ自体がノウハウの塊です!

Warm-Up Track
3ラウンドでウォームアップ

3ラウンドでウォームアップ

『Warm-Up Track 3ラウンドでウォームアップ』は、日常生活で実際にやりとりされそうな現実に即した音声素材を使って、1つの会話を別の切り口で3回(3ラウンド)にわたって学習するコーナーです。

今月のテーマは「海でのバカンス」でした。

ラウンド1では、細かい点を気にしないで、テキストに描かれているイラストやCDの音声から聴き取れた語句から、おおよそどうようなことが話題になっているかをつかみます。

たとえば「マンスリーCDの音声を聞いて、2つのイラストのうち、どちらのイラストが会話の場面を適切に表していますか?」といった課題が出ます。

ラウンド1

この課題の他にも、ラウンド1では1つの会話につき全部で4つの課題が出ます。

ラウンド2では、会話で表現されている事柄をしっかり聴き取って、正確に理解することを目指します。

たとえば、CDの音声を聞いて、会話に出てきたキーフレーズの発音や意味を確認するといった課題が出ます。

ラウンド2

この課題の他にも、ラウンド2では1つの会話につき全部で8つの課題が出ます。

ラウンド3では、会話の要旨をまとめ、言葉の背後や行間にあるメッセージを捉えることを目指します。

たとえば、「女の子の会話の中で、両親を安心させるために言っていると思われる発言を、できるだけ多く拾ってみましょう。」といった、かなり正確に会話を理解していないと答えられないような課題が出ます。

ラウンド3

また、ラウンド3では、CDの音声の全文の英語文章と和訳も掲載されています。

このように、『Warm-Up Track 3ラウンドでウォームアップ』では、
(1)まずおおまかな理解をして、
(2)次に細部を理解して、
(3)最終的には会話の背景や行間まで理解する
といった3つの手順を踏んで、英語力を鍛えていきます。

公式サイトで詳しい内容を見る

このコーナーで目指すこと

  • 3段階の聞き取りメソッドで「聞いて分かる」を実感
  • タクス(学習作業)をこなしながら、細部や背景、行間まで深く理解する

このコーナーで学べること

  • 概要 → 細部の聞き取り
  • 意味の固まりを把握
  • 口語表現

HM Playhouse ラジオドラマ劇場 »

公式サイトで詳しい内容を見る