Rhythm World 英語で歌おう!

アルク1000時間ヒアリングマラソン »
↑このページ自体がノウハウの塊です!

Rhythm World
英語で歌おう!

英語で歌おう!

『Rhythm World 英語で歌おう!』は、有名なポップス音楽に合わせて歌いながら、強弱・長短からなる英語独特のリズムに耳と口を慣らしていくことを目指したコーナーです。

結局、何でもそうですが、楽しく学ぶのが一番です。

有名な音楽で英語のリズムを体感するなんて、理想的な楽しい学習法ですね。

今回の曲は、TOTOの「Africa」という曲でした。

プレミアムCDにこの曲の音声が入っています。

プレミアムCD

『Rhythm World 英語で歌おう!』には、ページ左側に「英語の歌詞」と「日本語の歌詞」、ページ右側に「解説」と「語注」が掲載されています。

左に「英語と日本語の歌詞」、右に「解説と語注」

特に、「解説」には音の発し方が詳しく書かれていて、非常に勉強になります。

たとえば、TOTOの「Africa」には

「But she hears only whispers of some quite conversation」

という歌詞が出てきます。

この部分を次のように解説しています。

英語の接続詞は文中では弱く発音されることが多い、特にこのButのように文頭に来るとほとんど聞こえません。whispersとofがつながり「ウィスパーゾブ」のようになり、また、quietの「t」は、息を解放しないまま次のconversationの最初の「k」の発音に移っているので、ほとんど聞こえません。

このコーナーで洋楽をネイティブのように上手に歌えるようになったら、友達とカラオケに行った時に洋楽を歌えますね!

きっと周りの友達は「おお〜!!」とビックリすることでしょう。

ただし、『Rhythm World 英語で歌おう!』は不定期なので、毎月あるわけではありません。個人的には毎月やって欲しいのですが・・。

公式サイトで詳しい内容を見る

このコーナーで目指すこと

  • 英語のポップスを楽しみながら、聞き取り力をアップ。
  • 実際に歌うことで、英語のリズムと発音、表現を体得する。

このコーナーで学べること

  • 英語リズムの習得
  • 口慣らし練習
  • 歌詞特有の表現

トップページで教材の全体像を把握する »

公式サイトで詳しい内容を見る