みんな、あなたのことを心配している/「be getting」と副詞のprettyの意味

Pocket

海外ドラマ「LOST(ロスト)」vol.4より

大破した飛行機の中には、大量の死体が。。。

それを目当てに、イノシシが夜になると山から下りてくるようになってしまいました。

そこで、飛行機ごと燃やすために、みんなで薪を集めています。

しかし、旦那さんを亡くしたローズは、一人、海を見ながら身動きもせず座っています。

心配になったジャックは、ローズのもとへ。そこで言った一言。

Everybody’s getting pretty worried about you, Rose.

「みんな、あなたのことを心配している。」

「Everybody worried」じゃなくて、「Everybody’s getting worried」と「be getting」という表現が使われていますね。

「be getting」と言うことによって、どんな違いが生まれるんでしょう?

英語辞書「スペースアルク」で「getting」で調べたら、こんな例文が出てきました。

I’m getting tired. 疲れてきた。
I’m getting sleepy. 眠くなってきた。
I’m getting hungry. おなかが減ってきた。

「be getting」には「〜になってくる、どんどん〜になる」というニュアンスがあるようですね。

ということは、「Everybody worried」と言わないで、「Everybody’s getting worried」と言うことによって、「みんながどんどん、君のことを心配するようになってきているよ」とうニュアンスを伝えようとしているのではないでしょうか?

まぁ、確かに、「Everybody worried」では「みんなが心配していた」と過去のことになって「今は心配していない」というニュアンスが出てきてしまうでしょうから、こういった場面では使えないと思いますが。。

ちなにみ、ここで使われている「pretty」は副詞で「すごく」とか「とても」といった意味ですね。

「調子はどう?」とか聞かれた時に、「I’m pretty good!(すごくいいよ!)」みたいな感じでよく使われますね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)ならテレビだけでなくパソコンやスマホでも海外ドラマや映画が観放題です!通勤・通学時間にスマホで海外ドラマを観ながらリアルな英会話フレーズに触れることができますよ!
2012年12月

オシャレファッション

1ヶ月で痩せたい