喉が渇いて死にそうだ/「dying of thirst」の意味

Pocket

海外ドラマ「LOST(ロスト)」vol.6より

ジャックとケイトが森の中から、みんなの飲み水を持って戻ってきました。

みんな喉がカラカラです。

そこで、サイードが一言。

It’s about time. I am dying of thirst.

「やっと戻ったな。喉が渇いて死にそうだ。」

「やっと戻ったな。喉が渇いて死にそうだ。」

日本語字幕では「待ってた。もう、のどがカラカラだ。」になっています。

この「喉が渇いて死にそうだ。」って表現は覚えておきたいですね。

なぜなら、「thirst」という名詞を「hunger」という名詞に変更すれば、よく使う「お腹が空いて死にそうだー。。」になるからです。

よく言いますよね。

I am dying of hunger.(お腹が空いて死にそうだ。)

他にもいろいろと使えそうですね。

死にそうなくらい辛い状況になったら、「I am dying of 〜.」で!

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)で映画版の「モテキ」を観たら、これまた面白くて、今はテレビドラマ版の「モテキ」を毎日観ています。コレ観るとモテない男とはどういう男なのか分かりますね(笑)
2013年2月

糖質制限

ヒップアップ