続けてよ/「Keep going」の意味

Pocket

海外ドラマ「LOST(ロスト)」第21話より

赤ちゃんの世話で寝不足のクレアがお昼寝をする間、チャーリーが赤ちゃんの面倒を見ることになりました。

しかし、どうあやしても、赤ちゃんは泣きやまなくて、チャーリーは困ってしまいます。

そこへ、ソーヤが通りがかり、彼が話している間は赤ちゃんはなぜか泣きやむということを知りました。

どうやら、赤ちゃんはソーヤの声が心地良いようです。

そして、チャーリーはソーヤに本を読ませます。

ソーヤはしかたなく本を声に出して読みますが、たまに、疲れてやめてしまいます。

その度に、チャーリーがソーヤに言う一言です。

Keep going.

「続けてよ」

このフレーズは、日常生活でよく使いそうですね。

「Keep going.」と覚えやすいですし。

何かお願いしたけど、すぐにやめてしまう人がいたら、

Keep going.

とお願いしましょう。

例えば、肩を揉んでもらった時に、すぐに終わっちゃった時とか(笑)。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)で映画版の「モテキ」を観たら、これまた面白くて、今はテレビドラマ版の「モテキ」を毎日観ています。コレ観るとモテない男とはどういう男なのか分かりますね(笑)
2013年2月

ビジネス英語

主婦 カードローンでお金を借りる