それは・・・、話すと長くなる/「kind of」の意味合い

Pocket

海外ドラマ「LOST(ロスト)シーズン2」第4話より

ハーリーがハッチの中の食料管理係に任命されました。

しかし、ハーリーは1人ではやりたくなかったようで、口が堅そうなローズをハッチに連れてきました。

ローズはハッチに入るとビックリして、ハーリーに「本当に誰かがここに住んでたの?(Someone actually lived down here?)」と尋ねます。

そして、さらに「でも、これは何のためのもの?(Well, what is it for?)」とハーリーに尋ねます。

すると、ハーリーは困った顔をして、次にように答えます。

It’s kind of a long story.

「それは・・・、話すと長くなる」

日本語字幕版では「話すと長くなるんだ」という日本語訳になっています。

このフレーズを覚えておくと、意外と日常生活で役立ってくれるのではないでしょうか。

「kind of」はプリズン・ブレイクの「まあね」で出てきました。

「やや/ちょっと/どちらかといえば」のような断定を避ける時に使う表現です。

今回のフレーズを直訳すると「それは、ちょっと長い話になる」といった感じでしょうか。

そこから、

「それは、話すと長くなる」

になっています。

答えづらいことを聞かれた時は、

It’s kind of a long story.

ですね!

答えるのが面倒くさい時にも使えそうです(笑)。。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月

改正貸金業法の飲食店の経営者への影響

女性がお金を安心して借りられる