分かった/「got it」の意味

Pocket

海外ドラマ「LOST(ロスト)シーズン2」第9話より

ジャックがケガをしているソーヤの看病をしている所に、ケイトがやってきました。

ケイトは「私がソーヤのそばについているから、ジャックはみんなの所に行って」と言います。

ジャックはケイトに「水分を充分にとらせて、できたらフルーツをつぶして食べさせるとか・・・」などなど、ソーヤの看病の仕方を指示します。

ジャックの指示を聞いたケイトは、次のように言いました。

I’ve got it.

「分かった」

日本語字幕版では「了解」という日本語訳になっています。

この表現もよくでてきますね。「get」です。

以前、プリズン・ブレイクでも「分からないの。」という否定文で出てきました。

「get」の基本的なイメージは「手に入れる」です。

今回の場合は、「it」が「ジャックの指示(言ったこと)」なので、「ケイトがジャックの言ったことを手に入れた」つまり「分かった」ということですね。

別の例だと、今まで理解できなかったことがあって、それが理解できた時に、

I’ve got it.

と言えば、「it」は「今まで理解できなかったこと」を指すので、「今まで理解できなかったことを手に入れた」つまり「理解できた」ということですね。

前になんかの映画で見たのですが、こんな二人の会話がありました。

Got it?(分かったの?)

Yeah, got it!(うん、わかったよ!)

仕事の上司に仕事内容を指示された時にも使えそうですね!

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)で不良が格闘技をする「THE OUTSIDER」を観ました!アウトサイダーって喧嘩と格闘技の中間みたいでめっちゃ興奮します。「最近、やる気が出ないなぁ〜」って人にオススメです!負けた不良が努力して這い上がっていく姿は震えますよ!
2013年2月

ファーストフード・ハンバーガーでTポイントを貯める お得なTポイントが貯まる使えるTSUTAYA Tカードプラス

ヌードロジー