オバマ大統領 中東和平で新提案、viability・reject・side withの意味

スポンサード リンク

OBAMA URGES MIDEAST COMPROMISE(オバマ大統領 中東和平で新提案)」より

「urges」は「強く求めた」。

「mideast compromise」は「中東の妥協」。

このニュースでの「中東の妥協」とは、オバマ大統領が中東政策について演説をして、イスラエルに対して1967年の第3次中東戦争で占領した土地から撤退するという譲歩を求めた妥協案。

◎independent state
独立国家


◎swap
交換する


◎viability
生育可能性、存続可能性、生存可能性、実行(実現)可能性

Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu rejected Obama's speech, saying the viability of a Palestinian state cannot come at the expense of Israel's existence.
(イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、オバマ大統領の演説内容に強く反発し、イスラエルの存在を犠牲にしてパレスチナ国家が樹立されることがあってはならないと述べました。)

・come at the expense of 〜
(〜を犠牲にして成り立つ、〜という代償で手に入る)

形容詞の「viable」はビジネスでもよく使う。

viable plan(実現可能な計画)
viable technology(実現可能な計画)


◎freeze
凍る、凍結する

価格や賃金などを凍結するという時にも使う。

The government has instituted a price freeze.
(政府は価格の凍結を実施した。)


◎reject
拒絶する、拒否する

「断固として拒否する」「モノの考え方などを否定する」という意味。

場合によって「不合格、不採用にする」つまり「accept」の反対の意味としても使われる。

「(頼まれたことやオファーされたことを)きっぱり断る」という時には「reject」を使い、丁寧に断る時には「decline」を使う。

You should think carefully before rejecting his offer.
(彼の申し出をきっぱり断る前に、慎重に考えた方がいい。)


◎side with
味方する

「side」は名詞では「側面、脇腹」という意味だが、動詞だとたいていは「with」がついて「片方の側だけにつく、一方の側だけの味方になる」という意味になる。

逆に、「against」がついて「side against」だと「〜に反対する」という意味になる。

I'm afraid I have to side with her on this issue.
(この問題では彼女の側につかなくてはならないんだ。)

スポンサード リンク

このカテゴリーの最新記事(5記事)

サイト全体の最新記事(10記事)

リトル・チャロ DVD BOX
英語だけでなく人生で大切なことも学べるので、子供用の英語教材としてオススメです!もちろん、大人でも十分に学べます。
リトル・チャロ DVD BOX »

DVDをレンタルするなら・・

これを知らずにレンタルすると、あなたは少しだけ損するかもしれません。。

↓NHK英語講座の本

↓NHK英語講座のDVD

NHKの外国語講座
リンク集


車内でのエコノミークラス症候群の対策

派遣社員 生活費 足りない