ただ、驚いたから/「a little surprised」と「full of surprises」の対比表現

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第20話より

間違い電話(Wrong number)と同じシーンです。

ライアンの地元の元カノだったテレサが、自宅からライアンに電話をします。

テレサ:
「ライアン?あたしよ、テレサ。(Ryan? Hi, it’s Theresa.)セスのママに番号聞いて。(Yeah, Seth’s mom gave me this number.)」

ライアン:
「ああ、そうだったのか。何かあったの?(Hey. Hey, how are you? Everything okay?)」

テレサ:
「いえ、何も。(Yeah, fine.)実は、今日、そっちに行くの。(I’m actually coming out there today.)」

ライアン:
「ホント?あっ、何で?(You are? How come?)また、仕事?(I mean, for work?)」

テレサ:
「そう。でも・・・仕事は早めに終わるから。(Yeah…but they can’t make us work all the time, right?)今夜、会えないかなぁ〜と思って。(I was thinking we could hang out tonight.)」

ライアン:
「今夜?ああ・・・もちろん。(Tonight? Sure.)」

テレサ:
「うれしくなさそうね。(Don’t sound so excited.)」

テレサに笑いながらこう言われたライアンは、次のように返事をしました。

I am. I’m just a little surprised, that’s all.

「そんなことないよ。ただ・・・驚いたから。」

日本語字幕版では「違うよ 突然だったからさ」という日本語になっています。

こういうシーンって、日常でよくありますよね。

「えっ、いや・・そうじゃなくて、ちょっと驚いただけだよ!」と言う時って。

ライアンは久しぶりに会う約束をしたテレサに、

Don’t sound so excited.
(あまりうれしくなさそうね。)

と言われてしまいました。

直訳ぎみだと、「私たち、久しぶりに会うっていうのに、あなたはそれほど興奮しているようには見えないわね)」って感じですね。そこから、「あまりうれしくなさそうね」です。

で、ライアンは、テレサと久しぶりに会うことをうれしくないわけではなく、突然の電話でビックリしていたんですね。

だから、最初に

I am.
(うれしいよ)

と言います。

これは、「I am so excited.(うれしいよ)」の「so excited.」が省略された形です。

そして、次に、

I’m just a little surprised, that’s all.
(ちょっと驚いただけだよ。)

と言います。

突然、元カノから電話があって、「今夜会わない?」と言われたら、そりゃ、誰でもちょっとはビックリしますよねー。

ああ〜、元カノ、元気かなぁ〜??

って、そんな僕の個人的な話はどうでもいいですね^^;失礼しました。。

話を戻しますが、今回のテレサとライアンの電話での一連の会話は、すごく僕らの英会話の勉強になると思います。

ちょっと、ざっくり振り返ってみましょう!

テレサ:
「ライアン?あたしよ、テレサ。(Ryan? Hi, it’s Theresa.)セスのママに番号聞いて。(Yeah, Seth’s mom gave me this number.)」

電話をかけた時に、最初に「私よ」と言いたい時は「Hi, it’s (自分の名前).」ですね。すごくシンプルです!

「セスのママに番号聞いて。」は、「Seth’s mom gave me this number.」という言い回しになっています。

セスのママが私にこの番号をくれた
  ↓
セスのママが私にこの番号を教えてくれた
  ↓
セスのママに番号を聞いた

という流れですね。このあたりの、言い回しは非常に参考になると思います。

自分が主語じゃなくて、電話番号を教えてくれたセスのママが主語なんですね。

ライアン:
「ああ、そうだったのか。何かあったの?(Hey. Hey, how are you? Everything okay?)」

このライアンの返事も参考になりますね。

久しぶりに電話があった人に対して、「how are you?(元気か?) Everything okay?(何も問題ない?順調?)」というニュアンスの言葉をかけています。

テレサ:
「いえ、何も。(Yeah, fine.)実は、今日、そっちに行くの。(I’m actually coming out there today.)」

「そっちに行く」を「coming out there」と言っています。

多くの日本人にとって「行く」というと「go」をまず思い浮かべると思います。

「come」だと「来る」という意味を最初に思い浮かべるでしょう。

でも、こうやって画一的に覚えてしまうと、応用力が効かなくなってしまいます。

言葉って輪郭がはっきりキチッと決まったものではなく、輪郭があいまいなファジー(fuzzy)なものですから。

「go」にも「come」にも、「行く」というニュアンスの意味があるんです。

ただ、1つだけ違いがあって、それは「話し手の意識の向いている方向」です。

「come」は、意識が向いている場所に近づくイメージです。図にするとこうなります。

・come
私 →→→ ●(意識)

一方、「go」は、意識が向いている場所から離れるイメージです。

・go
●(意識)→→→ 私

今回のテレサは、ライアンに会いにいくという意識なんですね。つまり、ライアンに意識が向かっています。だから、「coming out there(そっちに行く)」なんですね。

この「come」の使い方は、以前も当サイトで出てきていますよ!

迎えに行こうか/「行く」を表す「come」と「go」の違い

ライアン:
「ホント?あっ、何で?(You are? How come?)また、仕事?(I mean, for work?)」

「何で?」を「How come?」と言っています。これは、ネイティブはよく使いますよ。

日本人だと「Why?」ですよね。バリエーションとして「How come?」も加えておきましょう!

テレサ:
「そう。でも・・・仕事は早めに終わるから。(Yeah…but they can’t make us work all the time, right?)今夜、会えないかなぁ〜と思って。(I was thinking we could hang out tonight.)」

「仕事は早めに終わるから。」を「they can’t make us work all the time」と言っています。

これも、面白いですねー。

彼ら(雇い主)は、私たち(従業員)をずーとは働かすことができない
  ↓
仕事は早めに終わる

という流れですね。

日本人なら「仕事が早く終わる」って英語で何と言うんだろう??と考えそうですよね。

でも、このシーンのテレサは、主語を「仕事」ではなく、「雇い主」にしてフレーズを組み立てています。

英語での言い回しが出てこない時は、主語を変えて考えてみるのは有効だと思いますね!

それと、「今夜、会えないかなぁ〜と思って。(I was thinking we could hang out tonight.)」は2つのポイントがありますね。

まず、「今夜」という未来のことを言っているのに、助動詞の過去形「could」が使われています。

これは、過去形を使うことによって、「遠慮の気持ち」を表現しています。

現在から距離がある過去という距離感を使って、一歩引いて「今夜会えないかなぁ〜」と誘っているですね。

テレサの気持ちが表れています。相手を誘う時って、ちょっと遠慮気味になりますからね。

この「遠慮の気持ち」を表した助動詞の過去形の使い方は、当サイトでは何度も出てきていますね。

あと、「hang out」も当サイトは何度も出てきています。特に、「OC」では最頻出の表現です!

「hang out」は「外に出かける、外でブラブラする、外でくつろぐ」という意味ですね。

ライアン:
「今夜?ああ・・・もちろん。(Tonight? Sure.)」

「もちろん」を「sure」と言っています。

日本人なら「もちろん」といえば「of course」をまず思い浮かべるる人が多いと思いますが、ネイティブは「sure」をかなり多用します。

もう、何かとあれば「sure」です(笑)。

「これ貸してくれるかな?」と尋ねれば「sure!(いいよ!)」。

レストランで「お水をもう一杯下さい」と頼めば「sure.(了解しました。)」。

「今から遊びに行っていい?」と尋ねれば「sure!(もちろん!)」。

こんな感じで、返事をするときに使われる最頻出の表現が「sure」です。

そして、今回のフレーズが続き、ライアンが「突然のことで、ちょっと驚いただけだよ」と言います。

それを聞いたテレサは、

Oh, you know me, full of surprises.

「驚かすの得意だもの。」

So I’ll come by after dinner.
「じゃ、夕飯の後に寄るわ。」

「驚かすの得意だもの。」って素敵なセリフですよね!

可愛い女の子に言われたいですねー(爆)

ライアンはちょっと驚いたから「a little surprised」と言っていましたが、驚かすのが得意なテレサは「full of surprises」です。

「驚きが盛りだくさん」なんですね。

この2つのフレーズは、対比させて覚えておきたいですね。

「So I’ll come by after dinner.(じゃ、夕飯の後に寄るわ。)」という表現も、日常生活でよく使いそうですよね。

覚えておきたいフレーズです!

ちなみに、「come by」で「立ち寄る」という意味です。「by(そばに)」に「come(来る/行く)」で「come by(立ち寄る)」です。

今回のシーンは、はじめて観た時は、それほど感じるものがなかったんですね。何気なく、通りすぎていました。

でも、何度も観ることによって、僕の中で新しい気づきがあったんですね。

そして、今回のシーンは、使える日常英会話の宝庫だと思い、こうやって詳しく取り上げてみました。

たぶん、僕は日本男子で一番「OC」を観ている男だと思いますね(笑)

もしかしたら、女子を入れても、僕が一番見ているかも・・・。

何度も観ると、ほんとに新たに気付くことが多いですよ!観るといっても、何か他の作業をしながら、流しているだけですけどね。ラジオの替わりみたいな。

「あっ、このフレーズも使えるなぁ〜!」「あっ、コレも!!」みたいな感じで、耳に残る表現が毎回違うんです。

この感覚は、やった人しか分からない感覚だと思います。

だからこそ、英語学習教材として使える海外ドラマは、レンタルではなくDVD BOXを買うことをオススメしているんですね。

今は1000円以下でDVD BOXが買える時代になりましたからね!これを利用しない手はないですよ。

「OC」のDVD BOXなら700円台ですからね!

ぜひ、これは売り切れる前に買って欲しいです。そして、英語学習教材として何度も観て下さい。そうすれば、当サイトの予習になりますし、当サイトで取り上げているシーンをより具体的にビジュアルで思い浮かべることができると思いますから!

一緒に英語を楽しく学んでいきましょう!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年末に時間ができたのでhulu(フールー)に加入しました!
月額980円ですが、最初の2週間は無料なので実質タダでこの年末年始は海外ドラマ三昧の生活を送っています^^/
2週間無料キャンペーンが終わる前に申し込むことをオススメします!
2012年12月

投機的な株式や債券は「利子生み資本」「虚構の資本」「空資本」

フェイシャルエステ