当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

俺たち、婚約した/「engaged」の意味

海外ドラマ「THE OC」第20話より

ライアンが自転車でセスの家に帰ると、故郷の友達であり、テレサの今の彼氏でもあるエディーが家の前で待っていました。

2人は久しぶりの再会を祝います。

ライアン:
「久しぶりだな。(It’s been a while, man.)どうしたんだ?(What are you doing here?)」

エディ:
「それが実は・・・(Well, actually…)テレサを捜してる(I’m looking for Theresa.)」

ライアン:
「テレサ?」

エディ:
「ああ、あいつのおふくろからニューポートで働いているって聞いて・・・(Yeah, you know, her mom said she was working out here in Newport…)お前の兄貴がお前もこっちに住んでいるって言っていたから・・・もしかして、会ったんじゃないかって。(I thought maybe you’d seen her.)」

ライアン:
「置き手紙も何もなし?(She didn’t leave a note or something?)」

エディ:
「ああ、何も。(No. Nothing.)指輪のお礼だけだった。(Some thanks for the ring I got her, huh?)」

ライアン:
「指輪?(Ring?)」

ライアンがこう尋ねると、エディは次のように答えます。

Yeah, we’re engaged.

「そう、俺たち、婚約した。」

日本語字幕版では「ああ、実は、婚約した」という日本語訳になっています。

この表現も海外ドラマや映画ではよく出てきますねー。

「engage」は様々な意味を持っている動詞ですが、男女の関係について話している時に受身形で使われた場合は、ほとんど「婚約した」という意味で使われます。

彼氏と結婚の約束をしたら、

We’re engaged.

と友達に自慢してやりましょう(笑)!

結婚相手がなかなか見つからない人は、婚活をがんばりましょう!って余計なお世話ですよね^^;

ところで、今回のライアンとエディの会話は他にも注目点があります。

「久しぶりだな」を「It’s been a while, man.」と言っていますね。

日本で売っている英会話集の本などによく出てくる「Long time no see.」じゃないですよ。

「It’s been a while, man.」は実際ネイティブもよく使いますし、こっちの方がネイティブっぽいです。

僕の場合は、「Long time no see.」はほぼ使わないですね。

久しぶりの友達にあったら、まず「It’s been a while, man.」ですね。

他にも今回のライアンとエディの会話は勉強になるので、もう一度、よく見てみて下さい!

こういった自然な会話の中から、いかに使える会話に気付くことができるかがポイントですね。