そろそろ帰るよ/「gonna」と「get out of here」の意味

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第20話より

前回の「元気そうだ」の続きです。

昔の友達エディがライアンに会いに来た理由は、婚約した(engaged)テレサがライアンに会いに来ていないか確認するためでした。

というのも、テレサはチノ時代のライアンの彼女だったからです。

ライアンは「会っていない」とウソをつき、2人は何気ない会話を続けました。

そして、エディは次のひとことを言い、車に乗り帰ろうとします。

All right. I’m gonna get out of here.

「それじゃぁ、そろそろ帰るよ」

日本語字幕版では「じゃ 俺は帰るけど」という日本語になっています。

このフレーズは覚えておきたいですねー。

日常生活の中でめちゃくちゃ使います。

友達の家から帰る時とか、ちょっとした集まりに参加してその場を後にする時など。

「All right」は、このシーンでは前の会話を受け継いで「じゃぁ」とか「それじゃぁ」といったニュアンスで使われています。

「gonna」は当サイトではもう何度も出てきています。

未来を表す「going to(〜するつもりだ、これから〜する)」の省略形ですね。

省略しなければ、

I’m going to get out of here.

と英語の教科書に出てきそうな表現になります。

ただ、ネイティブは省略して「gonna」と言うことが非常に多いですね。

一応、過去に当サイトで出てきた「gonna」を載せておきますね。多くの事例に接することによって身体に身に付きますからね!

短縮形gonna be greatの意味

gonna be greatの意味

gonnaは「be going to」の短縮形

短縮形「gonna」

他にもまだまだたくさんあるのですが、きりがないのでこのへんで。

あと、英語で未来を表す表現については下記の記事を復習しておくといいかもしれません。微妙にニュアンスが違いますから。

未来(予定・スケジュール)を表す進行形

未来を表す進行形、be going to、willのニュアンスの違いを説明

「get out of 〜」は「〜から外へ出る」という意味。

「get out of here」で「ここから外に出る」ですね。

今回のシーンでは家の外で2人は話していたのですが、「ここから外に出る」→「この場からいなくなる」→「帰る」といった感じです。

「get out of here」は映画や海外ドラマでよく出てくる表現です。

たとえば、不審な侵入者を見かけた時に、

Get out of here!
(ここから出て行け!)

といった感じで。

やっぱり、日常的なシーンを描いた海外ドラマを事例にしながら英会話を学ぶのが一番効果的だと思いますね。

ポイントは「非日常」ではなく「日常」です。

ストーリーが面白い、面白くないで選ぶんじゃないです。英会話を学ぶという意味では。

日常的なシーンが多いかどうかで選ぶんです。

そういう意味では「OC」や「フレンズ」はかなりオススメです!

日常を描いた海外ドラマで英会話の土台を作った後に、非日常を描いた映画や海外ドラマを観ると、また違った見方ができますよ!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)で観られる海外ドラマは当サイトで紹介している「The OC」「プリズン・ブレイク」「LOST」「24」だけでなく「Sex and the City」「ゴシップガール」「アグリー・ベティ」といった海外ドラマや映画(洋画・邦画)をたった月額980円で観ることができます!しかも、借りに行ったり返却しに行く必要がないなので時間を節約できます!
2012年12月

ボディー用エステマシーン ボニック

レーシック手術後19日目、1ヶ月検診を電話予約