当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

このままずっと、ここにいたい/仮定法の「I wish we could」

海外ドラマ「THE OC」第20話より

マリッサの母親のジュリーとマリッサの元カレのルークがモーテルの一室にいます。

ルークは洋服を着ながら、ベッドに横になっているジュリーを見て「ほんとにきれいだ(You are so beautiful, you know that?)」と言います。

それを聞いたジュリーは嬉しそうな顔をして「やさしいのね。(You’re very sweet.)」と返します。

そして、ルークはジュリーのいるベッドに向かって、次のように言いました。

I wish we could stay here forever.

「このままずっと、ここにいたいよ。」

日本語字幕版では「ずっとここにいたい」という日本語になっています。

今回のシチュエーションは普通に考えてヤバイですよね。

だって、ルークは元カノのお母さんと関係をもってしまうんです。。

ジュリーは自分の娘の元カレと関係をもってしまうんです。。。

しかも、ルークはまだ高校生です。。。

ありえないですねー。

「The OC」は実はかなり過激です。

「I wish we could」は典型的な「仮定法」のフレーズです。

「仮定法」、つまり、「現実的ではない話をする時に使うフレーズ」です。

想像とか願望とか期待とかを表す時に使います。

「ああ〜、もし、僕があと10歳若かったら・・・」

「私の体重があと5キロ軽かったら・・・」

「福山雅治のような顔だったらなぁ〜・・・」

みたいな感じで(笑)。

人は理想的な状況を思い描きながら、そのギャップと共に生きている動物ですから。

おおー、なんだか哲学的ですね^^;

では、今回のフレーズについて解説します!

まず、

I wish [主語] [助動詞の過去形] 〜
I wish [主語] [動詞の過去形] 〜

という形の文章が出てきたら、まず間違いなく仮定法です。

動詞「wish」は「〜だといいなぁ」という願望・希望・祈りを表します。

「可能性があまりないことを望む時」や「現実的でないことを望む時」に使う動詞です。

I wish I had a big money.

と言ったら、「大金持ちだったらなぁ〜」という願望になります。

ということは、実際は金持ちではないということですね。

そして、ここからがポイントなんですが、別に過去のことを言っているわけではないのに、「had」という過去形が使われています。

先ほど、

I wish [主語] [助動詞の過去形] 〜
I wish [主語] [動詞の過去形] 〜

と書きましたが、主語の後に「助動詞の過去形」や「動詞の過去形」の過去形が来ます。

今回のルールのセリフも、

I wish we could stay here forever.

と、「could」という助動詞の過去形が使われています。

これはなぜでしょうか?

願望を口にしているだけなのに、過去のことを言っている訳ではないのに動詞は過去形。

願望ということは、事実とは違うということです。

今の自分とは違うということですね。

今という「現在とギャップがある状態」です。

今という「現在と距離感がある状態」です。

この距離感を、過去形を使って表しています。

現在形と距離がある過去形を使って、事実とは違うギャップや距離感を表しているんですね。

今回のシーンで、ルークが言ったフレーズ、

I wish we could stay here forever.
(このままずっと、ここにいたいよ。)

も、絶対に無理な願望です。

モーテルなので、決められた時間までに部屋を出なくてはいけません。

それ以前に、元カノのお母さんと、モーテルの部屋でずっと一緒に過ごすなんて、現実的にありえないですが・・。

実は、当サイトでは過去に何度か「仮定法」が出てきています!復習にどうぞ!

僕だったら、ナーバスになると思う/仮定法「If I were you」

こんな出会いじゃなければ/wishの意味、仮定法「I wish I could」

もし立場が逆だったら・・・/仮定法、If I were you 〜

数をこなせば、できなかったことができるようになりますから。

たいていの場合、自分ができないことって、数が足りない場合がほとんどですから。