俺は遠慮する/skip、shouldの意味合い

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第4話より

ライアンがセスの家族の一員になることが決まり、まず最初のイベントはライアンのタキシードを買いに行くことでした。

毎年恒例のニューポート最大のイベントの舞踏会に参加するためです。

グッチやアルマーニ、ベルサーチなどのタキシードが売っている店のドアを開けながら、ライアンは「悪いけど(You know what?)」と言い、続けて次のように言います。

Maybe I should skip it.

「俺は遠慮する」

日本語字幕版では「俺はやめとく」という日本語訳になっています。

このフレーズも日常生活でよく使いそうですね。

友達にコンパや合コンの誘いを受けて、なんだか気分が乗らない時に「俺は遠慮しておくよ」みたいな感じで。

仕事後に、同僚に飲みの誘いを受けたけど、早く自宅に帰りたい時にも使えそうですね。

「skip」には、「軽く跳ぶ、跳ね回る」という意味がありますが、「省く、省略する、読み飛ばす、飛ばして進む」という意味もあります。

今回のフレーズでは、「舞踏会を省く」つまり「舞踏会に出席しない」という解釈ができますね。

そこから、「遠慮する」とか「やめとく」といった意味につながります。

それと、今回のフレーズでは助動詞の「should」が使われていますが、日本人だと「should = 〜するべき」という意味がまず浮かんでくるかと思いますが、実際は「〜するべき」では意味がおかしくなる場面でも多々使われます。

「〜した方がいいかも」くらいのニュアンスで使われている時も、海外ドラマを観ていると多々ありますね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)で観られる海外ドラマは当サイトで紹介している「The OC」「プリズン・ブレイク」「LOST」「24」だけでなく「Sex and the City」「ゴシップガール」「アグリー・ベティ」といった海外ドラマや映画(洋画・邦画)をたった月額980円で観ることができます!しかも、借りに行ったり返却しに行く必要がないなので時間を節約できます!
2012年12月