当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

お前ももっと積極的にならなきゃ/aggressive、broke upの意味

海外ドラマ「THE OC」第5話より

ライアンとセスは海岸沿いのレストランでレッドロブスターを食べながら、こんな会話をしています。

セス:「あれからマリッサとは話せたのか?(So, what’s going on with you and Marissa? Did you talk to her?)」

ライアン:「お父さんのこともあるし、話したくないんじゃないかと。(I don’t think she wants to talk. Everything with her and her dad.)」

セス:「ライアン、そんな弱気でどうする?(Ryan, do you know what your problem is?)経験者の僕が言うんだから間違いない(And I speak from experience, with great authority here.)」

そして、セスは続けて次のように言いました。

Is that you really need to be aggressive, okay?

「お前ももっと積極的にならなきゃ」

日本語字幕版では「もっと強気にならなきゃ」という日本語訳になっています。

「積極的になれよ!」とか「積極的にいこうぜっ!」とかよく言いますよね。

「aggressive」は「攻撃的な、活動的な、積極的な」といった意味です。

どんどん前へ進むイメージの単語ですね。

ちなみに、セスは続けてこう言いいました。

Her and Luke, they broke up.(彼女はルークと別れたんだ)

「別れた」は「broke up」ですね。念のため、確認ということで。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!