マリッサのことならもう平気だ/get overの意味、前置詞「over」のニュアンス

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第7話より

ライアンとセスはメキシコのティファナに2泊で行くことにしました。

マリッサがルークの元に戻ってしまったので、ライアンはちょっと落ち込んでいるようにみえます。

セスはライアンに自分が作ったメキシコ旅行の日程表を見せたり、スペイン語の会話集を見せたりと、行く気満々です。

そして、元気がないライアンに「マリッサを忘れるためには楽しみがなきゃ。」と言うと、ライアンは次のように返します。

I don’t need to get over Marissa.

I’m over Marissa.

「マリッサのことならもう平気だ。」

日本語字幕版では「彼女のことはもう平気だ」という日本語訳になっています。

「get over 〜」で「〜を乗り越える」という意味ですね。

今回のフレーズを直訳すると「俺はマリッサとの関係を乗り越える必要なんてない。もう乗り越えているんだから。」といったニュアンスです。

今回は前置詞「over」が持っている言葉のニュアンスを探ってみたいと思います。
  ____
→/【物体】\→

上の図を頭に入れて下さい。(文字化けしてないことを祈りますが。。)

前置詞「over」のイメージって、物体を「よっこらせっ」と乗り越えるイメージなんですよ。

上の「物体」を「悩み」にすれば、「悩みを乗り越える」となります。

今回の「get over」なんて、まさしくこのイメージです。

また、「物体を乗り越える」というイメージから「〜の上、〜以上」という意味合いも出てきます。

だから「over 20」で「20歳以上」という意味になりますよね。

上の「物体」を「ゲーム」にすれば、「ゲームを乗り越える」つまり「ゲームが終わる」という意味合いが出てきます。

だから、ゲームが終わることを「ゲームオーバー(Game Over)」って言いますよね。

上のイメージを見ると、物体を包んでいるようにも見えますよね?

だから「all over the world」で「世界を包んで」つまり、「世界中で」という意味になります。

他にももっと派生する意味があるのですが、この辺で。

こうやってイメージで考えると、熟語を何千も覚える必要がありません。

会話の前後の流れを感じながら、その場その場で適切な意味に解釈していくことができます。

そして、これがネイティブが自然とやっていることです。

ネイティブは、「これは熟語で〜という意味だ!」なんて考えてないですよね(笑)。。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)って海外ドラマや映画だけでなく、ナショナルジオグラフィックとかも観られるので知的好奇心も満たしてくれます!格闘技の「THE OUTSIDER」も観れたりして。
2013年2月

オシャレが苦手

滋賀県 脱毛サロン