はい、どうぞ/「Here you go.」の意味

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第15話より

ライアンやマリッサ達は、オリヴァーのコネでロックバンド「Rooney(ルーニー)」のライブにやってきました。

オリヴァーは「Rooney(ルーニー)」のメンバーと仲が良いらしく、みんなは控え室にも入れました。

控え室でセスとアンナが話しているところへオリヴァーがやってきました。

そして、次のひと言を言いながらバックステージパスを2人に渡します。

Here you go.

「はい、どうぞ」

日本語字幕版では「これを」という日本語訳になっています。

このフレーズは覚えておくと、日常生活の至るところで使えますね。

何かを手に持ちながら、それを相手に手渡す時に使える表現です。

たとえば、あなたが彼氏を家に呼んで料理をもてなすとします。

愛情を込めて作った料理をお皿にきれいに盛りつけて、彼氏が待っているリビングへと料理を持っていきます。

そして、彼の前に料理を差し出しながら、

Here you go.(はい、どうぞ)

と言うことができます。

僕はホームステイをしている時に、ホストマザーから言われたことがありますね。

お腹をすかしながらキッチンテーブルに座って夜ごはんを待っていると、ホストマザーが山盛りのパスタを手に持ちながら、僕に

Here you go.(はい、どうぞ)

と笑顔で料理を手渡してくれたのを思い出しました。

あの頃は毎日が楽しかったなぁー。

というわけで、何かを手渡す時は、

Here you go.

と言いましょう。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月

マルチドメイン

セルライト 運動