いや、考えるだけでウンザリだ。/disgustingはマイナスの意味

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第17話より

最近、ライアンはオリヴァーが原因でマリッサとケンカばかりしています。

そして、セスに相談してみました。

セス:
「お前の嫉妬が原因なんじゃないのか?(Maybe your jealousy is getting in the way.)」

ライアン:
「嫉妬なんかしてないよ。(Yeah, except I’m not jealous.)だいたい、何に嫉妬するんだ。(Jealous? Why would I be Jealous?)」

セス:
「大金持ちで世界中に行っているし、オシャレだ。(Because Oliver is insanely wealthy and well-traveled. He’s a Dapper Don.)」

ライアン:
「それが何だ。(And I’m not.)」

セス:
「けど、精神的には不安定だし、薬にも依存している。(But on the other hand…he’s also clinically depressed and chemically dependent. )だから、オリヴァーという奴とは友達として波風を立てずに付き合っていくのが一番だ。(So you know…it all comes out in the wash, really. You want my advice? Just embrace the friend, man. You should make peace with this guy.)」

ライアン:
「そうかもな。(Maybe you’re right.)」

セス:
「それか、ほら、この際、マリッサとのケンカを楽しめば。(Or, I don’t know, you could enjoy the arguing with Marissa.)タイプが違い相手とのぶつかり合いは良い刺激になる、と思うよ。(Sparks flying. Her yin to your yang. Could be nice for your relationship. I’d imagine.)」

ライアン:
「アンナとケンカしないのか?(Why, you and Anna don’t fight?)」

セス:
「僕とアンナはタイプが同じで、趣味から何からみんな一緒だからケンカなんてしたことない。(We’re all yang, Ryan. What would we fight about? We like the same things, have the same interests.)」

ライアン:
「それもどうかな。(It’s ridiculous.)」

セス:
「そんな相手、そうそういないぞ。(We’re sharing the same brain.)」

ライアン:
「ああ、俺たちは違う。(Not me and Marissa.)」

セス:
「なぁ、ライアン自分みたいな女の子がいたらデートしたいか?(Let me ask you something. Am I dating the female me? Like me. but as a girl?)」

セスのこの質問に対して、ライアンは渋い顔をして次のように答えます。

I don’t know. That’s disgusting.

「いや、考えるだけでウンザリだ。」

日本語字幕版では「気持ち悪い」という日本語訳になっています。

今日は単語の勉強です。

「disgusting」は海外ドラマではよく出てきます。

形容詞で「むかつくような、うんざりさせる、 胸くそが悪い、気持ち悪い、(気分的に)最低な」という意味です。

まぁ、とにかくマイナスな意味です。

当サイトでは過去に「disgusting」が数回出てきています。

ムカムカする。(4400 シーズン2 )
オエってなりそう。(プリズン・ブレイク シーズン2)
あんた、最低。(LOST シーズン1)

相手に最低な気持ちを伝えたい時には、

That’s disgusting.
You’re disgusting.

と言うことができます。

「ゲロがオエってなるくらい最低」というかなり強いマイナスの意味合いを持った表現ですね。

ちなみに、「disgust」という単語には名詞と動詞があって、名詞は「嫌悪感、反感、うんざり、むかつき」といった意味、動詞は「(人を)うんざりさせる、吐き気を催させる、気分を悪くさせる」といった意味があります。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)で映画版の「モテキ」を観たら、これまた面白くて、今はテレビドラマ版の「モテキ」を毎日観ています。コレ観るとモテない男とはどういう男なのか分かりますね(笑)
2013年2月

シドニー ワーキングホリデー日記

バストアップサプリ 効果を実感