当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

私は午後ずーと暇なの/kill「時間をつぶす・ムダに過ごす」意味

海外ドラマ「THE OC」第18話より

セスとアンナが学校で一緒に歩いていると、突然サマーがやってきました。

サマーが「ねぇ、どっか行くの?(Where are you guys going?)」と2人に尋ねると、セスが「コミックブックを買いに行こうかと思っているんだ」と答えます。

サマーが「私もいい(Can I come?)マリッサはオリバーにべったりでしょ・・・(Marissa has oliver now… )」と言い、続いて次のように言います。

…and I have a whole afternoon to kill.

「だから、私は午後ずーと暇なの」

日本語字幕版では「マリッサはオリバーといて、午後中、空いてるの」という日本語訳になっています。

「午後、暇なの。」とか「午後、空いているんだよね。」といった表現は、日常生活でよく使いますよね。

「a whole afternoon」で「午後ずーと」、そしてその後ろに「to kill」が続きます。

「kill」と言うと「殺す」という意味がまず思い浮かぶというか、それしか思い浮かばないかもしれませんが、「kill」には「時間をつぶす/ムダに過ごす」という意味もあります。

たとえば、

Reading a book kills time in the bus.

なら、「バスの中で本を読んで暇つぶしをする」という意味になります。

I killed time in the cafe while I was waiting for him.

なら、「彼を待っている間、カフェで時間をつぶした」という意味になります。

「kill」の前後に「time」や「afternoon」といった時間を表す単語が来る場合は、今回の意味「時間をつぶす/ムダに過ごす」を思い出してみて下さい。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!