迎えに行こうか/「行く」を表す「come」と「go」の違い

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第2話より

マリッサがなかなかパーティーに現れないので、親友のサマーがマリッサに電話しました。

サマーは「どこにいるの?(Where are you?)」と言い、続いて次のように言います。

We’re coming to get you.

「迎えに行こうか」

「迎えに行く」というと、日本の英会話の本とかだと「pick you up」がよく出てきますが、このフレーズでは、「come to get」という表現が使われています。

オンライン辞書スペースアルクで「come」の意味を調べてみましょう。

come
(動詞)
1. 目的地[中心]に向かって進む、来る、(人が)出現する
2. 生じる
3. 〜という状態になる ※「come + 補語」の形を取り、補語には話し手にとって望ましい状態を示す形容詞が来ることが多い。【参考】come true
4. 〜という状態で売られている
5. 〔時が〕来ると
6. 〈性俗〉オルガスムに達する、いく
7. 〜歳になる[近づく]
8. 〜を行う、〜を演じる
9. 〈英〉〜ぶる、〜風を吹かせる ※【用法】come the + 名詞(または形容詞)非難の意を込めて

「come」と「go」の使い分けが難しい場合がありますが、「come」は意識が向いている場所に近づくイメージです。反対に「go」は意識が向いている場所から離れるイメージです。

図にすると、こんな感じかな。(●が意識が向いている場所)

・come
→●

・go
●→

今回のシーンでは、サマーの意識がマリッサのいる場所に向いていますからね。

サマー → マリッサ(●意識)

例えば、これから父親とショッピングに出かける場面を想像してみて下さい。

部屋で着替えていると、父親が「おーい、そろそろ行くぞー!」と言っています。

そういった時には、

I’m coming.(今行くよ。)

と答えられます。「私→父親(●意識)」ですね。

映画とか見ているとよく出てきますよね、「I’m coming.」。

一方、「go」は意識が向いている場所から離れるイメージです。

●→

たとえば、

I have to go.(行かなきゃ)

とよく言いますよね。

そんな時は、行く場所よりも、今自分がいる場所に意識があるんですね。

「早くここ(●意識)を出なきゃ」「早くここ(●意識)から離れなきゃ」というニュアンスが強いんです。

以上が、「行く」という意味を表す「come」と「go」の違いです。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)で観られる海外ドラマは当サイトで紹介している「The OC」「プリズン・ブレイク」「LOST」「24」だけでなく「Sex and the City」「ゴシップガール」「アグリー・ベティ」といった海外ドラマや映画(洋画・邦画)をたった月額980円で観ることができます!しかも、借りに行ったり返却しに行く必要がないなので時間を節約できます!
2012年12月

オーストラリア最新ニュース

ギャンブルで負けてお金がないから30万円借りる