この前までいつも一緒で/過去を表す「used to 〜」と「hang out」の意味

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第20話より

前回の「ラブラブだった」と同じシチュエーションです。

マリッサとライアンがライアンの部屋でテレビゲームを一緒にしています。

2人はすでに別れているので、なんだか気まずい雰囲気です。

まだ、友達という関係に慣れていないようです。

ゲームが一区切りつくと、マリッサがライアンに話しかけます。

マリッサ:
「もう一回やる?今よりはましだと思うわ。」

ライアン:
「ああ、今日はもう、そろそろ宿題やらなきゃ。」

マリッサ:
「あっ、そっか、私もきっとパパが待ってる・・・これって、なんかすごく・・・」

ライアン:
「変な感じがする?」

マリッサ:
「そうなのよ。」

すると、ライアンが過去を思い出すように次のように言います。

We used to hang out all the time and …

「この前までいつも一緒で・・・」

日本語字幕版では「前は・・・一緒にいたしね」という日本語になっています。

今回のフレーズのポイントは2つ。

「used to」と「hang out」ですね。

まずは、「used to」から。

「used to 〜」は「よく〜したものだ/昔は〜していたものだ/以前は〜していた」という「過去の習慣」や「過去の状態」を表す表現ですね。

日本で販売されている文法の本には必ず出てくる表現だと思います。

今回のフレーズ、

We used to hang out all the time

で、「僕たちは昔はよく [hang out all the time] していた」ということですね。

別の例だと、

I used to play TV game every day.

なら、「僕は昔は毎日ゲームばかりしていたよ」ということですね。

過去の習慣です。

ここでちょっと押さえておきたいことは、「今はそうじゃない」ということです。

当然ですよね。

「昔はゲームばかりしていた」ということは、「今はあまりゲームをしていない」ということですから。

「昔は太っていた」と言っている人がいたら、「今は太っていない」ということですよね。

今もブクブクに太っている人が「俺さぁ〜、昔は太っていたんだよね〜」と言ったら、それはギャグになっちゃいますよね(笑)。

「おいっ!今も太っているだろ!」とツッコミたくなってしまいます。。

「used to 〜」は過去の自分を紹介しながら、今の自分の習慣や状態にも触れているフレーズということです。

「used to 〜」は「人」だけでなく、「モノ」に対しても使うことができます。

たとえば、昔はラーメン屋があったのに、つぶれしまって今はなくなっていたら、

There used to be noodle shop (ramen shop) here.
(昔はここにラーメン屋があったんだよ)

と言うことができます。

ちなみに、「used to」の後に来る動詞は【現在形】です。

過去の話をしているので過去形にしてしまいがちですが、「used to」で過去を表しているので。

だから、

I used to went to Disneyland.
(昔はよくディズニーランドに行ったものだよ)

は間違いということですね。「went」と過去形になっているので。

正しくは、

I used to go to Disneyland.
(昔はよくディズニーランドに行ったものだよ)

ですね。

「used to 〜」に似た表現に「be used to 〜」があります。

「be used to 〜」は「〜に慣れている」という意味になります。

たとえば、

She is used to singing in front of people.
「彼女は人前で歌うことに慣れている」

といった感じで。

「be used to」の後に来る動詞は【動詞の進行形(〜ing)】です。

では、次に「hang out」です。

「hang out」に関しては、当サイトではもう何度も出てきているので、ここで説明する必要はないもしれませんね。

「hang out」は「一緒に出かける、外に出かける、外でブラブラする、外でくつろぐ」といった意味です。

日本人で使っている人はあまり見かけませんが、海外ドラマでは最頻出表現の1つですね。

つまり、ネイティブはよく使うということですね。

そして、今回のフレーズ、

We used to hang out all the time and …

は、「昔は(付き合っていたから)いつも2人で一緒にいたのにねぇ〜」というニュアンスですね。

ライアンはマリッサと付き合っていたことを、懐かしそうに振り返っているんです。いつも2人で一緒に行動していたことを。

でも、今は違うんですね。2人は別れてしまったので。

当サイトに出てきた「hang out」が使われた状況や意味合いを復習したい人は、下記のページをご覧ください。

今夜、会えないかなぁ〜と思って/hang outの意味

サマーとマリッサの時間は?/hang outの意味

あしたの夜、ジミーと会うの/「hang out」の意味

出かけない?今度?/hang outの意味

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

やっぱり、「The OC」は日常会話が多くて、使える英会話の宝庫ですね。

よくハリウッド映画で英会話の勉強をしている人がいますが、ハリウッド映画って「ドカ〜ン!」といった効果音が多くて、会話が少ないんですよね。。

しかも、あまり使えない特殊な言い回しが多いし。。

もちろん、アクションシーンから英会話は学べませんし。。

もともと、ハリウッド映画とかって非日常をテーマにしたストーリーですからね。

非日常から得られる「使える英会話フレーズ」って、あまりないですよ。普通に考えて。

それよりも、「The OC」や「フレンズ」のような会話が多くて日常のちょっとした出来事を描いた海外ドラマの方が、何倍も「使える英会話フレーズ」に出会えます!

そして、自分の中にその「使える英会話フレーズ」のストックを増やしていけばいいんですね。日本語もそうやって覚えたはずですから。

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

「24」ファンの皆さんに朗報です!hulu(フールー)でも2013年3月1日から「24」シーズン1が配信され、その後も毎月1日に1シーズンずつ追加されますよ!この機会に僕と一緒にhulu(フールー)仲間になりませんか?外出先にスマホで「24」が観れますよ!

ロベルト・シューマン:マンフレッド序曲 変ホ短調 Op.115

坊っちゃん(夏目漱石) 一度は読みたい日本の名作文学