8時ちょっと過ぎだ/ネイティブっぽい表現

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第13話より

懲罰房に入れられ、死刑を明日に控えるリンカーン。

外の光がそっと入ってくる空気孔から、部屋の外にいる看守に時間を尋ねます。

What time you got?

「今、何時だ?」

A little after eight.
「8時ちょっと過ぎだ」

この看守が言った「A little after eight.」という表現がネイティブっぽくていいですねー。

「ちょっと過ぎ」を「A little after」と言っているところが渋いです!

こういう表現を覚えると、ちょっとだけ英会話の初心者を脱出といった感じがしますね。

もし、誰かに「今、何時?」と聞かれて、時計を見たら「12時10分」だったら

A little after noon.

と言えますね。

「8時55分」なら

A little before nine.

とも言えますね。

それと、「今、何時?」と聞く時に

What time is it?

じゃなくて、

What time you got?

という表現をしています。

これも、覚えておきたい表現ですね。ちょっとだけ、言い方を変えるだけで、ネイティブっぽさが出ますからね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)って海外ドラマや映画だけでなく、ナショナルジオグラフィックとかも観られるので知的好奇心も満たしてくれます!格闘技の「THE OUTSIDER」も観れたりして。
2013年2月

面接で嫌われる行動