撤収だ/「wrap it up」の意味

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第17話より

マイケルやその仲間たちが室内で警務作業をしていると、看守がやってきて次のように言いました。

Time to wrap it up.

「撤収だ」

日本語字幕では「外へ出ろ」という日本語訳になっています。

オンライン英語辞書スペースアルクで「wrap」の意味をチェックしてみましょう。

wrap
(名詞)
1. 覆うもの、包装紙
2. ラップ
3. 《ショービジネス》〔撮影の〕終了、完了
4. 〈米俗〉終わり、最後
5. 〔腰や頭に巻く〕布

(動詞)
1. くるまる、包む
2. 〜を包む
3. 〜を巻き付ける
4. 〔真の意味を〕包み隠す
5. 《ショービジネス》〔撮影〕を終える、完了する ※【同】finish

食べ残した料理を冷蔵庫に保存しておくために使うサランラップも、この単語からきていますね。

「wrap it up」で「結ぶ、まとめる、終える、終わりにする、切り上げる」という意味があります。

よく、「Time to go.(帰ろうか。/帰る時間だよ。)」という表現は聞きますね。

今回の英会話は直訳すると「切り上げる時間だ。」といった感じでしょうか。

そこから「撤収だ。」、そして、小屋の中にいたので「外に出ろ。」という日本語訳になっています。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)ならテレビだけでなくパソコンやスマホでも海外ドラマや映画が観放題です!通勤・通学時間にスマホで海外ドラマを観ながらリアルな英会話フレーズに触れることができますよ!
2012年12月