当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

約束する/「You have my word」の意味

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第9話より

シートートが妻のケーシーと娘のディディと遊園地で落ち合うという情報をFBIが手に入れました。

FBIはシーノートの妻に、「捜査に協力しないと今すぐあなたを逮捕して、娘を施設に預ける」と脅しました。

シーノートの妻は、泣く泣く捜査に協力することを了解し、「これが終わったら、私と娘にはもう近づかないって約束して。(Look, I do this, you leave me and my child alone.)」と言うと、FBI捜査官の1人が次のように言いました。

You have my word.

「約束する」

「約束する」と言えば「I promise.」がまず思い浮かびますが、こういった言い方もあるんですね。

海外ドラマを観ていると、たまーに出てくる表現ですね。

オンライン辞書スペースアルクで「word」の意味をチェックしてみましょう。

word
(名詞)
1. 単語、語
2. 発言、言い分
3. 言葉、言語、一言
4. 口論
5. 合言葉、神の言葉、聖書、福音
6. 《the 〜》うわさ
7. 約束、請け合い、保証
8. 《コ》ワード、2バイト[16ビット]長のデータ ※32、64、128bit マシンでは、32、64、128bit を word とする場合もある
9.知らせ、便り、消息、通知

(動詞)
〜を言葉で表す

(間投詞)
〈米話〉いいとも、いいぞ、そのとおり ※相手の申し出に賛同するときなど

意外にも様々な意味がありますが、基本的に「言葉」という意味からの派生ですね。

名詞の7番目の意味の「約束」も「言葉」があって始めてできる行為ですからね。

「約束するよ!」と言いたい時に、「I promise.」ではなくて、今回のフレーズのように

You have my word.

と言えば、よりネイティブっぽくなりそうですね。

ちなみに、オンライン辞書スペースアルクでは「You have my word.」で「約束するよ。/私が請け合います。/私が保証するよ。」とあります。

「You have my word.」は、保証するという意味合いの強い約束を表したい時に使うのかもしれませんね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!