もう、4週間もないんだ/「You have less than (時間)」の意味

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第3話より

死刑が決まっているマイケルの兄リンカーンは、死刑執行時には誰も呼ばないと言っています。

しかし、刑務所長のヘンリーは、家族を呼んだ方がいいと言っています。家族に最後に見届けてもらった方がいいと。

そして、刑務所長のヘンリーがリンカーンに言った一言。

You have less than four weeks now.

「もう、4週間もないんだ」

You should give it some thought.
「よく考えろ」

「You have less than four weeks now.」は直訳すると、「お前は今、4週間以内しか持ってないんだ」って感じですよね。

「4週間以内しか持っていない」と言うことは「4週間もない」ということですからね。

おそらく、英語を上達するには、この直訳的な考え方を捨てた方がいいんでしょうね。

ネイティブと同じ英語感覚で考えられるようになってはじめて、英語を使って真のコミュニケーションがとれるようになるのでしょう。

「You have less than four weeks now.」は「four weeks」の部分に様々な期間を入れることができますし、「You」を「We」に変えるだけでも使えるシチュエーションが増えますね。

例えば、仕事の納期が1ヶ月後だとしたら、

We have less than one month now.
我々は、もう、一ヶ月もないんだ。(だから、急げー!)

みたいな感じで使えそうですね。

それと、「You should give it some thought.」の「thought」の意味をオンライン英語辞典スペースアルクでチェックしてみましょう。

thought
(名詞)
1. 考え、見解{けんかい}、思い付き
[例]
That’s a thought.
それは名案だ。 ※相手の提案に同意するときの表現

2. 思想
3. 考えること、思考(力)、思索、熟考
[例]
Give it some thought and then decide.
ちょっと考えてみて、それから決断しなさい。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)って海外ドラマや映画だけでなく、ナショナルジオグラフィックとかも観られるので知的好奇心も満たしてくれます!格闘技の「THE OUTSIDER」も観れたりして。
2013年2月