弁護士として来たの/attorney、representの意味

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第4話より

リンカーンの面会に来たのは、、リンカーンの昔の恋人、そして、弟のマイケルの弁護人でもあったベロニカ。

リンカーンはビックリし、「なんでここに?」とベロニカに尋ねます。

ベロニカにこう答えました。

I’m your attorney.

「弁護士として来たの」

I’m representing you now.
「私があなたの代理人」

日本語字幕では「弁護士として来たの。あなたを弁護する。」という日本語訳になっています。

まずは、オンライン英語辞典スペースアルクで「attorney」の意味を確認してみましょう。

attorney
(名詞)
1. 〈米〉法律家、弁護士 ※【略】at. / att. / atty.
2. 法定代理人 ※法的手続きの代理人

「弁護士」と言えば、「lawyer」という英単語が僕の場合、まず最初に思い浮かびましたが、アメリカでは「attorney」とも言うんですね。

次に「represent」の意味です。

represent
(動詞)
1. 〜を表す、描く、描写する、意味する、象徴する、示す
2. 〜の代理人になる、〜の代理をする[務める]、〜を代表する、名代を務める
3. 〜だと説明する
4. 〜に相当する
5. はっきりと述べる、断言する、明言する、主張する
6.(舞台で)〜を上演する、(劇などで)〜の役を演ずる

「represent」には、けっこう様々な意味がありますね。話の流れや状況によって読み取ることが必要になりそうですね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年末に時間ができたのでhulu(フールー)に加入しました!
月額980円ですが、最初の2週間は無料なので実質タダでこの年末年始は海外ドラマ三昧の生活を送っています^^/
2週間無料キャンペーンが終わる前に申し込むことをオススメします!
2012年12月

孔子「恕(じょ)=思いやり」

北海道 レーシック