分からないの/「I don’t get it.」の意味

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第8話より

医務室で医師のサラがマイケルの診断書を見ています。

どうやら、サラはマイケルのことを男として気になっていると同時に、マイケルが強盗を犯すような人とは思えず、強盗したのは、何か理由があるんじゃないかと疑っているようです。

そこへ、同僚が来て、マイケルの診断書をじっくりと見ているサラに「このストーカー」とからかいながら言います。

サラはその冗談を軽くかわし、そして同僚に言ったセリフ。

I don’t get it.

「分からないの」

日本語字幕では「謎なの」という日本語訳になっています。

こういう場面では、「get」はよく使われますね。

「分からない」という日本語訳だけを見ると、日本人なら「I don’t know.」という英語表現が浮かぶ人が多いと思います。

しかし、この場合は、「理由が分からない」という意味で使われています。

「理由がゲットできない」から「理由が分からない」、そして、「分からないの」という日本語訳になったんですね。

僕がオーストラリアの語学学校に通っていた時に、先生に「分からないことが分かるようになった時にはどんなフレーズを使うの?」と聞いたら、語学学校の先生は「そういう時は、I got it.と言うのよ。」と言いました。

I got it.

ニュアンスとしては、「(今まで)分からなかったことがゲットできた。」から「分かった。」ですね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月

バストアップ 筋トレ

お金を借りたい 午前中