お前次第だ/「It’s up to you.」の意味

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)」第12話より

マイケルと同じ部屋のスクレに、一緒に脱獄を企んでいる黒人が「二人だけで実行しよう」と提案します。

どうやら、この黒人はマイケルを信用していないようです。

そして、黒人がスクレに言った一言。

It’s up to you.

「お前次第だ」

このフレーズもよく目にする表現ですね。

日常会話でもよく使いそうです。

僕もオーストラリアに住んでいた時に何度か使った記憶がありますね。

僕の場合は、「君にまかせるよ」みたいなニュアンスで使っていました。

例えば、友達と夜めしを食べに行く時に、日本食にするか、韓国料理にするか、なかなか決まらない時に、「僕はどっちでもいいから、君次第だよ」というようなことを言っていました。

僕はあまり自分で判断しない(もしくは、できない??)方なので、けっこう重宝する表現だったりします(笑)。

「It’s up to you.」は「It’s」を省略して、「Up to you.」と言うときもよくありますね。

オンライン英語辞典スペースアルクで「up to you」の例文をいくつか見てみましょう。

[例]
I guess what I’m saying is it’s up to you after all.
まあ何て言うか結局あなた次第ってことです。

It’s up to you to go skiing or not.
スキーに行くか行かないかはあなた次第です。

It’s up to you.
(それがどうなるかは)あなた次第です。/(その判断は)お任せします。/君次第だよ。 ※相手の決断を促す。

相手に決断を任せたい時は、「It’s up to you. 」と言いましょう!

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)って海外ドラマや映画だけでなく、ナショナルジオグラフィックとかも観られるので知的好奇心も満たしてくれます!格闘技の「THE OUTSIDER」も観れたりして。
2013年2月

英語に関する重要ニュース

長者番付 資産ランキング 米Forbes(フォーブス)が発表した世界・日本の長者番付ランキング