じゃんけんで決めよう/Rock, paper, scissors.

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第3話より

逃亡中のマイケルとリンカーンは、死を装うために車の中に血まみれの豚の肉を入れ、車を爆破させようと橋から車を落としました。

しかし、車は爆破しません。

二人は「このまま車が爆破しなかったら、死を装うことができない」と話し、どっちかが車の様子を見てくることにしました。

そこで、マイケルがリンカーンに次のように言いました。

Rock, paper, scissors.

「じゃんけんで決めよう」

この表現は面白いですねー!

「じゃんけん」って英語だと「Rock, paper, scissors.」と言うんですね。

おそらく、Rock(岩)が「グー」、paper(紙)が「パー」、scissors(ハサミ)が「チョキ」でしょうね。

「Rock」は「Stone」とも言うようです。つまり、「Stone, paper, scissors.」でも「じゃんけん」なんですね。

この表現は、日本人の友達相手でも使えるかも知れません。

じゃんけんする時になったら、「Rock, paper, scissors.」と真顔で言えば、友達は「なんのこと??」と不思議がるでしょう。

そこで、偉そうに「じゃんけんのことを英語ではRock, paper, scissors.と言うんだよ!」と教えてあげれば、みんな関心してくれるかもしれません(笑)。

あの子のハートもじゃんけんでゲットです(笑)!

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

年始早々、僕がハマっていることといえば・・・hulu(フールー)で「ゴシップガール」を観ることです!「ゴシップガール」はめっちゃオモロイです^^しかも、使えるフレーズが一杯です!いつか、当サイトで取り上げたいですね。
2013年1月