まさにこれが探していたもの/exactlyの意味、シンプルだけど便利な日常会話

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第5話より

ウエストモアランドが隠した500万ドル(約5億円)を探しに、ユタ州に来たマイケルとリンカーン。

しかし、ウエストモアランドがお金を隠したダブルK農場の場所が分かりません。

地元の人に聞いても「そんな場所知らん」と言われてしまいます。

そこで、地元の役所に行って、この土地の公式の地図を見ることにしました。

役所に入って、地図を見ながらマイケルは次のように言います。

This is exactly what we need.

「まさにこれが探していたもの」

どうしても必要なものを探していて、それが見つかった時に使えそうなフレーズですね。

東急ハンズのような、たくさんの商品があるところで、購入したいものが見つかった時とか。

特に難しい単語は一つも使われていませんね。

「探していたもの」が「what we need」となっていますが、このシーンでは、この地図がないとウエストモアランドが隠したお金のありかが分からないので、地図は絶対に必要なものだからです。

念のため、オンライン辞書スペースアルクで「exactly」の意味を調べてみましょう。

exactly
(副詞)
正確に、厳密に、ぴったり、きっちり、そのとおりに、まさしく、まさに、それこそ
[例]
I don’t know exactly what it is.
具体的には知らない。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)でテレビドラマ「鈴木先生」の全10話を1日で一気に観てしまいました^^;学校の先生って大変というかエロいことばかり考えているんですね(笑)各種賞をとっただけあって面白かったです。ドラマ一気見って一度やってみたかったんですよね〜^^月額980円で得した気分です!
2013年2月

お宮参りの赤ちゃんの服装・着物・ベビードレスはレンタル

腕痩せ 腕立て