当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

見張っているからな/watchの意味

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第6話より

ウエストモアランドが隠した500万ドルが埋められた場所は、今となっては農場ではなく閑静な住宅街となっていました。

そして、ある家の地下にあることが分かりました。

マイケル達は、電気修理会社の社員に扮して、その家に入り込みましたが、その家の主婦が穴を掘っているところをちょくちょく見に来ます。

そこで、左手を切断したティーバックが「俺は穴掘りできねぇから、あの女の世話をかってでてやるよ。(Since I can’t dig, I’ll volunteer to keep her occupied.)」と言いました。

マイケルが心配そうに「手をだすんじゃないぞ。(You don’t touch her.)」と言うと、ティーバックは「俺だってお行儀良くできる。(I know how to play nice.)」と答えます。

その返事を聞いたマイケルは、次のようにティーバックに言いました。

I’ll be watching.

「見張っているからな」

今回は「見張る」という意味で使われていますが、「watch」と言えば、テレビを見る時に使う単語というイメージが僕の中にはあります。

I’m watching TV.(今、テレビ見てるんだよ。)

みたいな感じで。

オンライン辞書スペースアルクで「watch」の意味をチェックしてみましょう。

watch
(名詞)
1. 腕時計
2. 観察
3. 見張り、警戒、警備員

(動詞)
1. (意識して)〜をじっと見る、観察する
2. 〜に注意する[気を付ける]
3. 〜を見張る、見守る、〜の世話をする
4. 〜を期待して待つ、待機する

「見る」という意味を持った単語には、「watch」以外にも「look」や「see」など多々ありますが、「watch」は「注意・関心を向ける」という意味あいが強い単語ですね。

「じぃーと見る」というニュアンスです。

そこから、「見張る」や「監視する」というような意味あいが出てくるんですね。

今回のフレーズが、

I’ll be looking.

なら、「見張る」というニュアンスは出ません。

「look」は単に「視線を向ける」というニュアンスの単語です。

なので、「じぃーと見る」というニュアンスはないんですよね。もちろん、「見張る」や「監視する」といったニュアンスもありません。

この辺りが英単語の難しく奥深いところかもしれませんが、日本語でも「見る」「観る」「診る」で微妙にニュアンスが変わってきますからね。

そういう意味では、英語も日本語も一緒ですね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!