ごめんなさい、こまかいのがなくて/シンプルだけど便利な日常会話

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第12話より

シーノートは、無事、妻のケーシーと娘のディディと一緒になれましたが、ディディの体調がすぐれません。

そこで、妻のケーシーは薬局へ行って、ディディの薬を購入することにします。

薬は125ドルもしましたが、逃亡犯とその手助けをした妻なので、保険証や医療補助は使えません。

妻のケーシーは、「現金で払います。(I’ll just pay cash.)」と言って100ドル札を2枚渡しました。

そして、次のように言います。

I’m sorry I don’t have anything smaller.

「ごめんなさい、こまかいのがなくて」

日本語幕版では「小銭がなくて」という日本語訳になっています。

これは、日常生活でもよく言いますよね。

コンビニでちょっとおにぎりとお茶を買おうとしただけなのに、財布の中には1万円札しかなくて、「あっ、ごめんなさい、こまかいのがなくて・・・。」みたいな感じで。

海外では日本よりもクレジットカードが普及しているので、あまり大きな金額を現金で持つことって、それほどないようですね。

現金だと盗まれたら終わりですからね。

だから、小さなお店だと100ドル札を出してもお釣りがなかったり、嫌な顔されたりすることがあります。

今回のフレーズでは、難しい単語は1つも使われていません。

馴染みの単語だけですね。

財布に100ドル札しかなかった場合は、

I’m sorry I don’t have anything smaller.(ごめんなさい、こまかいのがなくて/小銭をもってなくて)

と言うと、お店の店員に「おっ、この日本人、英語ができるな!」と思われるかもしれません(笑)。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)に加入にするということは、月額たったの980円で自宅がレンタルビデオ店になるということなんですよね!しかも、スマホでも観られるから自分自身がレンタルビデオ店みたいな!合コンとかでモテそうですね(笑)