そんなところね/シンプルだけど便利な日常会話

Pocket

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第15話より

元刑務所の看守長のブラッド・ベリックは、ティーバックが犯した殺人の罪を科せられ、フォックスリバー刑務所に入ることになりました。

元看守ということで、囚人たちにリンチされてしまいます。

医務室で治療を受け休んでいると、看守長時代の知り合いの看護婦がきて、「書類上の手続きが終わったら、一般房に戻すから」と言われてしまいました。

ブラッド・ベリックは一般房に戻ったらまたリンチされてしまうと思い、なんとか医務室に居残ろうと、その看護婦に「今日はきれいだ。(You look nice today.)ここで働いて10年か?(You’ve worked here over 10 years, right?)」と何気ない会話を始めます。

そして、看護婦は次のように答えました。

Something like that.

「そんなところね」

日本語字幕版では「そんなとこよ」という日本語訳になっています。

「そんなところね」とは「ここで働いて、だいたい10年くらいよ」ということですね。

このフレーズも日常生活ではよく使えそうですね。

何も難しい単語はないです。たったの3語です。

例えば、「今日は機嫌が悪いわね。会社で何か嫌なことがあったの?」とか尋ねられた時に、

Something like that.(そんなとこよ)

と、なんとなくお茶を濁したような返事をすることができたります。

また、「ニューヨークで暮らすようになって3年くらいですか?」と尋ねられた時などにも、

Something like that.(そんなとこですね)

と答えることができます。

あと、詳しく答えるのが面倒くさい時にも使えそうですね。

実は、僕はオーストラリアにいる時に、このフレーズを多用していました。

ほんと、便利なんですよね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)で観られる海外ドラマは当サイトで紹介している「The OC」「プリズン・ブレイク」「LOST」「24」だけでなく「Sex and the City」「ゴシップガール」「アグリー・ベティ」といった海外ドラマや映画(洋画・邦画)をたった月額980円で観ることができます!しかも、借りに行ったり返却しに行く必要がないなので時間を節約できます!
2012年12月

エコ・環境問題