聞いて、トミーは生きているかもしれない/文頭の「Look」、自信がない表現「might」

Pocket

海外ドラマ「スーパーナチュラル(SUPERNATURAL)」第2話より

キャンプ中に行方不明になったトミーを探すために、山に探索に向かったディーンとサムは、皆に「とりあえず今日は一旦、山を下りよう」と提案します。

しかし、山のガイドが反対します。俺がいるから大丈夫だと。

そして、サムと山のガイドが口論しているところに、トミーの姉が二人の口論を止めようと次のように言います。

Look, Tommy might still be alive.

「聞いて、トミーは生きているかもしれない」

この一言には、英語の貴重な表現方法が詰まっていますね。

まずは、「Look」。

「look」は「見る」という意味の英単語ですが、「見る」という意味を持っている単語は他にも「see」や「watch」など多々あります。

では、他の単語とどう違うのか?

それは、「look」の基本的なイメージが、「目を向けること」ということです。

「目を向ける」ということは、「注意をこっちに向ける」とも言えますね。

そこから、皆の注意をこっちに向けるために「Look」が「聞いて」というニュアンスを持つんですね。

文頭に「Look」が使われる時は、このニュアンスで使われることが多いですね。

試しに、複数の外国人の中で「Look」と言ってみて下さい。

皆の注意(視線)があなたに向きますので!

それから、「might」。

「might」は「may」の過去形です。

でも、今回のセリフは過去のことを言っていません。

では、

Tommy may still be alive.

Tommy might still be alive.

ではどう違うのでしょう。

「過去」って「今という時点」から見ると、距離がありますよね。時間軸でみると。

距離がある、つまり、離れている状態です。

それが、「控えめな表現」を意味するんですね。

現在のことを言っているのに「過去形」を使うということは、「控えめな表現」、つまり「自信があまりない表現」ということなんですね。

なので、

Tommy may still be alive.

と言うよりも、

Tommy might still be alive.

と言った方が、トミーが生きているという可能性に自信がない、つまり、可能性が低いというニュアンスがあるんです。

お姉さんの今の心境を表していますね。

例えば、

I can do it.(僕はそれができるよ)

と言うよりも、

I could do it.(僕はそれができるかもよ。)

と言う方が自信がない言い方になります。

現在時制なのに、過去形が使われている時は、このことを頭に入れておくと、より理解が深まると思います。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

僕が年末に加入したhulu(フールー)ならテレビだけでなくパソコンやスマホでも海外ドラマや映画が観放題です!通勤・通学時間にスマホで海外ドラマを観ながらリアルな英会話フレーズに触れることができますよ!
2012年12月

ゲルマニウム温浴 自宅で超汗ゲルマニウム温浴

住む家は買うか賃貸、どっちが得?