当サイト管理人Ryo-taです!

はじめまして!当サイトを運営しておりますRyo-ta(リョウタ)と申します。

詳しい自己紹介は管理人プロフィールに譲るとして、僕は海外ドラマが大好きです!

海外ドラマって下手な映画より全然面白く感じます。

あのドキドキ感。ここぞという時で終わってしまい、続きが気になってしょうがない演出(笑)。海外ドラマを見ている時って、なんだかすごく幸せだったりします!

そんな海外ドラマですが、実は英会話の学習に最適だったりします!

なぜなら、海外ドラマで使われている英会話って、ネイティブの人が実際に使っている、まさにリアルな日常英会話だからです。学校で習う形式張った英会話とは違った生きた日常英会話です。

TOEIC(トイック)、TOEFL(トフル)はもちろん、英検や留学、ワーホリ(ワーキングホリデー)、受験対策にも使えます!英語の勉強のためだけなく、外国人とコミュニケーションをとるのにも使えますよね。

大好きな海外ドラマを見ながら英会話も一緒にマスターできたら!どうせなら、好きなことしながら英語を学習したい!

そんな思いで当サイトを作りました。

当サイト「海外ドラマで学ぶ英会話」ができるまでの課程

まず最初に英語音声、日本語字幕で純粋に海外ドラマを楽しみます。

その後、今度は日本語音声、英語字幕でもう一度見ます。その際に、気になったフレーズをピックアップし、当サイトに掲載しています。

という訳で、けっこう手間暇かかっていたりします(^^;)。

俺は遠慮する/skip、shouldの意味合い

海外ドラマ「THE OC」第4話より

ライアンがセスの家族の一員になることが決まり、まず最初のイベントはライアンのタキシードを買いに行くことでした。

毎年恒例のニューポート最大のイベントの舞踏会に参加するためです。

グッチやアルマーニ、ベルサーチなどのタキシードが売っている店のドアを開けながら、ライアンは「悪いけど(You know what?)」と言い、続けて次のように言います。

Maybe I should skip it.

「俺は遠慮する」

日本語字幕版では「俺はやめとく」という日本語訳になっています。

このフレーズも日常生活でよく使いそうですね。

友達にコンパや合コンの誘いを受けて、なんだか気分が乗らない時に「俺は遠慮しておくよ」みたいな感じで。

仕事後に、同僚に飲みの誘いを受けたけど、早く自宅に帰りたい時にも使えそうですね。

「skip」には、「軽く跳ぶ、跳ね回る」という意味がありますが、「省く、省略する、読み飛ばす、飛ばして進む」という意味もあります。

今回のフレーズでは、「舞踏会を省く」つまり「舞踏会に出席しない」という解釈ができますね。

そこから、「遠慮する」とか「やめとく」といった意味につながります。

それと、今回のフレーズでは助動詞の「should」が使われていますが、日本人だと「should = 〜するべき」という意味がまず浮かんでくるかと思いますが、実際は「〜するべき」では意味がおかしくなる場面でも多々使われます。

「〜した方がいいかも」くらいのニュアンスで使われている時も、海外ドラマを観ていると多々ありますね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!