電話を切れ/「Hang up」の意味

海外ドラマ「プリズン・ブレイク(Prison Break)シーズン2」第14話より

元シークレットサービスのポール・ケラーマンと組んだマイケルとリンカーン。

モーテルで作戦を練っていると、マイケルが自首しようとテレビ局に電話し始めます。

それを見たポール・ケラーマンはマイケルに銃を向けてこう叫びました。

Hang up.

「切れ」

Hang up the phone now.
「電話を切れ、今すぐだ」

Hang it up.
「電話を切れ」

英会話の本に必ず出てくるフレーズですね。

オンライン辞書スペースアルクで「hang」の意味をチェックしてみましょう。

hang
(動詞)
1. 掛かる、垂れ下がる
2. さまよう、ほっつき回る ※【用法】hang about [out]
3. 〔友人と一緒に〕リラックスする、のんびりする、たむろする ※【用法】hang out
4. 絞首刑になる
5. 《野球》(ボールが)すっぽぬける
6. 《コ》ハングアップする
7. 〔〜から〕〜をつるす、〔〜に〕〜を掛ける
8. 〜を取り付ける
9. 〜を絞首刑にする、〜の首をつる

「hang up the phone」で「電話を切る」という意味になるのは、イメージとしては、壁掛けの電話にガチャンと受話器を置く、受話器を掛ける感じですね。

日本ではあまり見かけませんが、海外では壁掛け電話ってよくあるんです。

前置詞「up」には、「(時間・期間などが)過ぎて、切れて、終わりで」という意味があります。

だから、電話を終わらせるイメージですね。

壁掛け電話に受話器をガチャンと掛けて電話を終わらせるイメージです。

ただ、携帯世代だとこのイメージは難しいかもしれませんね。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話の勉強になりますね!