1杯目はおごる。/「First round」「on me」の意味

Pocket

海外ドラマ「THE OC」第12話より

ヨガの更衣室では、主婦たちがルークの父親がゲイだったという話で盛り上がっています。

しかし、キルスティンとジュリーはそんな主婦友達たちを冷めた目で見ています。

キルスティン:
「聞くに堪えないわ。(I can’t be here right now.)」

ジュリー:
「何か食べない?(Have you eaten?)」

キルスティン:
「何を食べる?(What do you have in mind?)」

ジュリー:
「ビールにフライ。(Fried food and beer.)」

そして、キルスティンは次のように返します。

First round’s on me.

「1杯目はおごる。」

日本語字幕版では「1杯 おごる」という日本語訳になっています。

このシーンでのキルスティンは、「昼からビールにフライなんていいじゃない!」みたいな勢いのあるノリです。「さぁ、行くわよ!」みたいな。

この表現は面白いですね。

「1杯目」を「First round」という表現で表しています。

格闘技などでは「第1ラウンド」「第2ラウンド」という表現を使いますが、お酒の一杯目にも使えちゃうんですね。

「on me」で「私のおごり」という意味です。

この表現はネイティブはよく使いますね。

僕もたまにカッコつけてレストランの会計時に「It’s on me.」と言ったりします。

「It’s on me.」は、文脈によっては「俺が悪い」という意味にもなります。

※携帯電話で見ている人は「俺が悪い」をチェック。

あと、「おごる」系の表現は当サイトでは何度か出てきています。

ランチおごるわ」や「ビールおごれよっ!」を確認してみて下さい。

※携帯電話で見ている人は「ランチおごるわ」と「ビールおごれよっ!」をチェック。

いちおう、念のため説明しておきますが、

First round’s on me.

は、

First round is on me.

の「round is」を「round’s」と省略した表現です。

いやぁー、海外ドラマってほんとーに英会話・英語学習の勉強になりますね!

Pocket

当サイト管理人Ryo-taです!

hulu(フールー)って海外ドラマや映画だけでなく、ナショナルジオグラフィックとかも観られるので知的好奇心も満たしてくれます!格闘技の「THE OUTSIDER」も観れたりして。
2013年2月

英会話学校や英語教材、NHK、海外ドラマなどで英語を学習中

プロミス 返済